西国四十九薬師霊場会

西国四十九薬師霊場巡礼

~関西・三重のお薬師巡りの旅へ~

西国四十九薬師霊場巡礼とは

信仰する仏像や寺院を巡る「巡礼」。心に心願を秘め、その成就を願って一途に霊場を巡る気持ちは、今も昔も変わらないでしょう。
巡礼は古くは平安時代末期から鎌倉時代に成立し、平安貴族の間で観音霊場の巡礼が人気でした。近世に入ると、 参勤交代などのために街道と宿場が整備され、武士と庶民の移動は制限されていたものの、「神仏祈願」は許されていたため「伊勢参り」が人気になり、 これを緒に庶民の間でも旅行ブームが起きました。そんな中で様々な巡礼が花開いたのです。
「お薬師さま」と親しまれている薬師如来の信仰は古く、7世紀頃からといわれ、正式には「薬師瑠璃光如来」といいます。 右手を施無畏印(畏れることはない、と励ます印相)などに結び、左手に薬壺(鉢)を持つ像と、持たずに手をたらすか膝の上に置く像などがあります。 医王仏の別名もあるように、衆生の病と苦しみを癒やす仏様として、信仰を集めています。真言は「オンコロコロ センダリマトウギ ソワカ」。 人々の願いを素早く叶えてくれて、病気を治すだけでなく、現世に大きなご利益を授ける、という意味です。
薬師如来は古代より一番信仰されていた仏様ともいわれ、病気を治療するだけでなく、延命をかなえ、精神的な苦痛も取り除くといい、 まさに、高齢化時代の現代に必要な仏様だといえます。 西国薬師四十九霊場は、薬師如来をお祀りする、京都、大阪、兵庫、滋賀、奈良、和歌山、三重の七府県、四十九カ寺で構成しています。 西国薬師四十九霊場は、1979年、河内長野市助役だった下休場由晴氏が手がけた新設巡礼の一つ。 本書では、四十九カ寺のご住職から寺院の由来や歴史、参拝の礼儀作法をはじめ、季節ごとの行事や見どころまでお聞きしています。 健康長寿を祈願して巡るのはもちろん、豊かな自然と四季折々の風景にも癒やされる祈りの道です。
お薬師さまと出会い、心癒されるひとときを感じて頂けたら幸いです。

参拝について

京都府・市内、滋賀県の薬師如来霊場は駐車場(多くは有料)があります。 大阪、兵庫、奈良など都市部、和歌山、三重などは公共交通機関(JR、電車、路線バス)の利用を優先してください。 霊場巡りとしての「ひたすら歩く」ことで、ご利益を願うのも一興です。
薬師如来霊場巡りには、こちらのガイドブックが参拝ルートなどを案内してくます。 深々と頭を垂れて祈りを終えた時、多くの人は終わりなき、新たな巡礼に旅立たれます。 お薬師様へのお祈りは「オン コロコロ センダリ マトウギ ソワカ」です。

ご朱印について

ご朱印は、無住の寺院でも門入口、本堂、受付もしくは寺院内の「納経所」「朱印所」でいただけることが多いです。 寺院拝観が有料の場合には、ご朱印料と共に拝観料もお納めください。
ご朱印の由来は、書き写したお経をお寺に納め(納経)をして、祈願した証しとして印をいただいたのが始まりで、その起源は江戸時代の納経帳にあるといわれています。 現在では寺院に参拝した証しとして、ご朱印帳にご朱印(参拝日、御本尊、寺院名)を押印していただくのが一般的です。