第15番 家原寺 えばらじ
行基宗
〒593-8304 大阪府堺市西区家原寺町1-8-20 tel.072-271-1505
合格祈願で人気の「知恵の文殊」

仁王像が立つ南大門(仁王門)から境内に入り、本堂・文殊堂に向かうと正面から両側まで壁一面が白く見える。近づくと文字の書かれた白布がびっしりと張られている。「大学合格祈願」「志望大学に受かりますように」「公務員試験合格」…。高校、大学など受験生の合格願いだった。

行基誕生の地と伝わる同寺は、本尊が文殊菩薩である。文殊菩薩は「知恵の文殊」として知られ、今は高校、大学や各種試験を目指す学生や親の参拝が後をたたない。寺西浩章管長によると「文殊菩薩をまつったのは当寺が最初で、江戸時代には、庶民の願いを紙や札に書いて貼っていたようです。その後は、チョークやマジックで本堂に書くようになった」ために、直接壁面に書くのは禁止とし、「祈願ハンカチ」を販売してそこに願いを書くようになった。こうした歴史的経緯から、親しみを込めて通称「落書き寺」とも呼ばれている。

広い境内の中ほどには池を配置し、本堂のほか開山堂、行基塚、薬師堂、不動堂、三重塔、南大門などが建つ。薬師堂には薬師如来坐像とその両側に日光菩薩、月光菩薩、十二神将が安置されているが、一般には公開されていない。南大門は現在の家原寺では最も古い建物だとされる。
長い歴史の中で、幾度も荒廃と復興を繰り返してきたという同寺は、昭和の初めから復興に向けて本堂修理などを手掛け、三重塔は平成元(一九八九)年に再建された。
「行基さんが生まれた歴史のある古い寺ですから、昔から単立寺院になるのが願いでした。戦後は高野山真言宗に属していたのですが、平成三十(二〇一八)年に望みがかなって単立寺院となりました」。寺西管長は感慨深げに話してくれた。

ご朱印について
※開創三十周年スタンプは2021年12月末まで
家原寺の情報
第15番 家原寺 えばらじ
行基宗
住所
〒593-8304 大阪府堺市西区家原寺町1-8-20
電話番号
072-271-1505
拝観時間
9:00~17:00(入山は16:00まで)
拝観料
500円、高校生以下無料
主な年中行事
初詣 1月
大とんど法要 毎年1月最終日曜日
おすすめ撮影スポット
放生池ごしの塔・蓮 
門前情報
レストラン有り
境内案内
■お薬師様…薬師堂 ★納経所
設備
駐車場
あり
お手洗い
なし
食事施設
なし
宿泊施設
なし
wifi
なし
アクセス
公共交通機関
JR阪和線「津久野」駅下車徒歩12分
自動車
阪和自動車道「堺IC」より10分、阪神高速堺線から第二阪和国道に入り15分
家原寺のお知らせ
    家原寺からのおしらせはありません。